1月2日

我が校の授業の特色の一つとして、「生活の改善」を推奨すると言いますか、「元気になる為の原因作り」を生徒達自らが徹底して行っていくことがありまして、
まずこの「徹底して行う」というとかなりスパルタのように思われるかもしれませんが、これは私の臨床経験上充分なカウンセリングのあとに「徐々に改善して行きます」と言われて緩やかに取り組んで行く方のすべてが残念ながら好ましくない結果しか残せず、徹底して生活の改善に取り組まれた方が非常に好成績を残すという統計学上の観点からそのように指導している訳であります。

医療従事者はまず自分が健康でなければならない訳です。
我が校の理念である「食・息・動・想・環境」思想の中で、今すぐ変革可能な事が…まぁすべて可能なのですが、食事の取り方と、環境の改善、目線のポジショニングなどは入校第一日目から変えて行きます。

病気になるには原因があるように、元気になる為にも原因があるのです。
将来プロフェッショナルとして活躍して行く訳ですから、自らが元気になるとしても漠然と元気になるのではなくて、理路整然と元気になって行かなくてはいけないのです。

そのように元気になる理由がはっきりとわかりながら健康を手にすると、患者さんの主訴の原因が手に取るように見えてきます。
自然手技療法ではその人の個体としての個性と生き方がそぐわないから病気になると考える訳ですから、根本原因を背骨の歪みや骨格の歪みに求める整体やカイロプラクティックとはそこが違う訳です。

では好ましくない生活をすると身体はどうなるのか?
やはり背骨を中心として骨格に歪みが生じます。身体の司令塔である中枢神経に関与する背骨は体内環境に狂いが生じると、背骨が真っ先に変位する事によって体内の恒常性を維持しようとするからであります。
これは好ましくない生活をした結果であり、根本原因ではないのでありますから、背骨を歪めた生活の変革を行わない限り何度でも背骨は歪みます。

本当は生活を変えなくてはならない事は整体やカイロプラクティックを始め代替医療従事者なら誰でもなんとなくはわかっている事なのですが、あまりにも問題意識が低いと言うのが現状ですから、人間が生きて行く上での普遍的行為である「食・息・動・想・環境」の変革にまず自らが徹底的に取り組んでいる集団というのは我がスクールオブ・アロマーティカ及び自然手技療法協会のみではないかと思われます。

植物療法/フィトセラピーやホメオパシーは素晴らしいですが、骨格の歪みがあると十分な効果は発揮されませんし、基礎体力/基礎筋力が無いと好調期を持続出来ません。

私は骨格矯正家ですから誰よりも正しい骨組みの重要性は理解しておりますが、いくら歪みの無い骨格を有していても食生活の乱れた添加物顔(あるんです!)しているコンビニ臭のする人は、たとえ病気でなくとも細胞ドックなどで抗酸化、抗糖化、抗炎症指数や、有害ミネラル、アミノ酸構成、抗ストレスホルモンなどの検査をすれば自らの未病が数値で現れてしまいます。

またいくら身体に良い食事を心掛けていても、胸郭を閉じて、アキレス腱を固め、胸鎖乳突筋を強張らせて縫合部が詰まっていれば不眠症や肩こり、腰痛などの不定愁訴に苛まれて決して健康などには成れませんし、生きている幸福感を感じる事は難しくなります。

またいくら背骨が歪んでいても健康で幸福感に満ちあふれている人はたくさんいるのです。


d0141210_17441172.jpg


要はバランスの問題なのです。
身体は強く生まれたのか?
どのような家庭に育ったのか?
仲が良い両親に育てられたのか?
そうではないのか?
幼少期に充分に身体作りは出来ていたのか?
価値観は?
宗教は?
インテリジェンスは?
目的意識は?
夢は?
気の許せる仲間は?

病気と身体の傾向性を読み解いて行く上で全部大切な事です。
その上で背骨が歪むのです。

人が病気になるという事は、決して奇麗ごとではありません。
病気と言う隠れ蓑も必要な時もあるのです。

元気な時にはそれでいいのです。
ですが是正しようと思った時には、生きて行く条件が違ってもすべての人の共通項である「食・息・動・想・環境」を見直して行く事が一番効果的であるというか、これしか無いのです。

「自然手技療法」ではまず第一に骨格の矯正を重視します。即効性があるからです。数十分後には抱える問題の多くを解消する事が可能だからです。

そして食事、生活環境、想いと呼吸(1セットです)、セルフケアーと見直して行きます。

このようにライフスタイルを変革して行く事でまず自らが元気になる!
自分が変わった分だけ患者さんの変革すべき根本原因が見えてくる。
実際に施術とカウンセリングで患者さんの人生を好転に導く事が出来るのです。

元気になった患者さんから対面でいただく感謝!いいものです。
仕事を離れても自分に自信と誇りを持つ事が出来ます。

自然手技療法家/Integrated Naturopathって本当に素晴らしい職業ですよ!
[PR]
# by school12 | 2008-01-02 17:06 | I・natyuropathy

1月1日

スクールオブ・アロマーティカは、「自然手技療法」という代替医療の学技を学ぶ為のスクールであります。

「自然手技療法」とは、統合自然療法/インテグレイテッド・ナチュロパシーであります。

自然療法/ナチュロパシーとは、まだ日本では聞き慣れない言葉ではありますが、「身体が本来持っている自然治癒力を使って健康を保ち、病気を治そうとする医学」なのですが、病名を定め、薬を処方するだけの西洋医学と違い、食事療法、臨床栄養学、生活の仕方(カウンセリング)の指導、ホメオパシー、オステオパシー、鍼灸治療、薬草療法、水療法、運動療法、マッサージetc…などを組み合わせて治療を行なう医学であります。

自然療法/ナチュロパシーには「七原則」というものがありまして、
d0141210_1424301.jpg

1:身体には自然治癒力があること
2:原因を治療すること
3:まず害を与えないこと
4:丸ごとの人間を治療せよ
5:自らが教師たれ
6:予防は最良の治療法である
7:健康な状態に戻すこと。それを維持すること

そして、「健康への道は清浄で簡素な生活である」との哲学を有している医学であります。

スクールオブ・アロマーティカの「自然手技療法」とは身体均整法/オステオパシーの「身体矯正を第一義」として、アロマコロジー、医食同源を踏まえた食育、脊椎強化メソッド、生活習慣指導などを行っていくものであります。

ハーバルケアーなどを行なうスクールは多々ありますが、手技矯正を中心と据えた自然療法スクールは日本では唯一我が校のみであると自負しております。

自然療法とはなんなのか?

このワタシ的にはたまらなくタノシイこととその他諸々についてこれから考えて行きたいと思っております。
[PR]
# by school12 | 2008-01-01 23:58 | I・natyuropathy