<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2月7日

先日スクール生のOさんとの会話で、Oさんは妖精が見れるようになるのが夢なのだとお聞きしました。妖精を見たことのある何人かの友人が口を揃えて言うのは「妖精はジャージを着ていた!」というのです。思わず「プーマですか?アディダスでした??」と聞いてしまったワタシ。

Oさん曰く、身長は約10〜20cm、葉っぱの陰にくっついていたりするらしいのですが、私の友人のおじさんにも妖精を見たことのある人がいて、彼はダニ博士として有名な学者なのですが、若い頃にフィールドワークをしていて30cmくらいの妖精を追いかけて転んだそうです。これは一緒にお食事をいただきながら私が直接お聞きした話で、奥様始めご家族の間では公然の事実として語られていた話です….。妖精にはいくつかの種別があるのでしょうか??

世の中にはわからない事が多々あるのですね….、きっと。

僕の夢は木と会話が出来る事です。と申し上げると、「きっとK公園の奥の方の木が先生を待っていますよ!そんな気がする」とOさんは言っていました。K公園とは毎日イヌの散歩で行く公園の事です。

木と会話がしたいと思うのは、一時期、沼津の記念館迄いってしまうくらい芹沢光治良にハマりまくっていた昔の後遺症だと思います。

有名なサボテンの実験がありましたね。
サボテン2つに男性2名。一人がサボテンをズタズタに切り裂く。もう一つのサボテンには電極をさしておき測定していると、隣のサボテンが切り裂かれたと同時に強い伝導の変圧が測定されて、他の男性が入室してもフラットな電圧が再度ズタズタにした男性が入室して来ただけでやはり強い変圧が起るという、まさに「サボテンは見ていた!」土スペor金サス状態のお話。このズタズタ男性、他の部屋でやはり電極をさしたズタズタ現場を知らないサボテンの前に立つと驚く事にやはりなにも知らないはずのサボテンも超変圧した!という事です。植物には何かの伝達方法があるのではないか?という話だったと記憶しているのですが、まるでピノキオの世界ですね。


d0141210_21155365.jpg
熊野やバリ島や沖縄など、生命素の豊富なところにはやはり妖精やカッパや昔活躍したキャスト達がまだ生息しているのだろうな、きっと。

イヌ達は知っているのかな?彼らの存在を。。
[PR]
by school12 | 2008-02-07 21:10 | other

2月5日

小春日和と迄は行きませんでしたが、今日はとても気持ちのいい日でしたね。今年のような寒い冬は春が待ち遠しくてしかたありません。ですがすでに花粉症の症状を発症されている方がちらほら出て来て、今年は早いな、と思っていたら、なんと私もここ数日少しおかしい。

実は昨年くらいから何となく危ない状態になって来ています。私の場合、くしゃみと涙眼なんですが、クライアントの要望にはなんとかしたいと真剣になるのですが、いざ自分が花粉症か!という状況になってもまったくどうこうしようという気が起きなくて、大丈夫!くしゃみくらい!なんていとも介さない。


d0141210_2117122.jpg

施術中に何度も鼻かんでいて「先生も花粉症になるんですか?」とか聞かれて、「そりゃなりますよ!、ボクだって!」「じゃぁ私が押してあげます!」とか言っていただいて、無邪気に喜んでいたりして(笑) ←バッカ

人の体にも季節があると言うと、??って思う方もいるかもしれませんが、イヌに換毛期があるように私達の体も四季折々、時節に合わせていろいろ変化しています。わからないのは感覚が鈍いからです。

これからの季節、冬から春への移り変わりは、一年を通じて一番大きな変化が体に引き起こされる時期であります。

五月病と言われる身体の不調を自然手技療法的に読み解くと、なんの事はない、ただ単に冬の体から春の体に移り変われ無いが為に四苦八苦しているという、ただそれだけの問題に過ぎません。

立春前後のこの時期に春の目覚めは始まります。いえ、野口整体の創始者、野口晴哉師によると1月中旬には第一弾の変化が引き起こされると言われているのですが、愚弟な私にはせいぜい今の時期にならないと察する事も出来ません。

収蔵の季節である冬には体も閉じて来る。皮膚も筋肉も骨格も、固く収縮する事により活動を低下させていきます。五臓六腑で言えば腎臓の季節となり、エネルギーを蓄えていく季節なのです。

漢方医学ではエネルギーを「腎精」と呼び、腎臓は生命力を蓄える大切な臓腑なのです。

そして春は「肝臓」が中心となり五臓の営みが行なわれ、新芽が伸びるようなとても勢いのある季節なのですが、冬の間に充分にエネルギーの収蔵が行なわれていないと様々なトラブルが発生してしまいます。これがいわゆる五月病です。

体の春は、まず肩甲骨の開閉からやってきます。春先に意味もなくワクワクするのはこの肩甲骨が開いて来るまさにその時の感覚です。

そして骨盤が開いていきます。やはり意味もなく何かやらねば!とやたらと行動的に、何かをしたい要求が引き起こされるのは骨盤が動き出すまさにこの時の感覚です。一般的に骨盤開状態は弛緩要求が強まりますが、この季節的変動とは別のものです。

最後に後頭骨、ラムダ縫合部が解離して春の体となるのですが、俗にいう「木の芽時」とは肩甲骨も骨盤も開かずにこの後頭骨が開いてしまいダイレクトに頭にエネルギーが上ってしまった状態をいいます。


d0141210_2121625.jpg
春先に変身しちゃう人!
こっそりメールでもしてね!
3つの体操を教えてあげるから(^_^)v
[PR]
by school12 | 2008-02-05 21:09 | I・natyuropathy

2月2日

自然手技療法のテクニックの一つに「肩甲骨可動性回復テクニック」というものがあるのですが、このテクニックはなかなか使い道が豊富に出来ており、下部頸椎の平衡性を取るのに用いたり、なかなかやっかいな上部肋横突関節の矯正テクニックとしても使えるし、斜角筋や胸郭出口症候群などにもとても優れた効果を生み出す事の出来るいいテクニックです。

生徒達には授業で教える事はあっても、自分では日々の臨床でしばらく使用していなかったこのテクニック。ですがここ一月、肩関節のホールディングテクニックと合わせたり、骨盤に反射を起こすように用いたりしながら毎日、毎回使っています。

これには訳がありまして、このテクニックは言わば「寒の入り」以降の今時分の季節のテクニックの一つなのです。

洗濯物がパリパリに乾くこの季節、私達の体も同じく乾いて来ます。この乾きに一番影響を受けてしまうのが粘膜系、とりわけ露湿度の高い「目」の披辟度は著しく高く、ただ生活しているだけで目の疲労指数は相当なモノとなって、知らない間に体に負担が強いられてしまいます。

この「目」からの影響がダイレクトに肩甲骨周辺機構、また頭頚関節部へと表現されます。よってこの時期の「季節の腰痛」などは肩甲骨と頚をせめて見ると意外な程あっけなく痛みの消去が可能なケースに遭遇するのはこの為です。

季節に四季があるように、体にも四季があり、人の間にも四季があります。

体に合い対峙してはや20年、気が付いたら自然とその季節に応じた違和感を読み取り、適切な処置を施している。
エライぞ!と我が身を褒め讃える。

一つ物事にかけた年数というのもなかなか良いものですね。
[PR]
by school12 | 2008-02-02 12:27 | I・natyuropathy