12月24日

みなさん、こんにちは。
自然手技療法学院/スクールオブ・アロマーティカの次期開校は4/1となっております。毎週、説明会を行っておりますので、どうぞお気軽に足を運んでください! Call :03-6231-4055 e-mail: school.aromartica.com


22日にお休みをいただき、飛び石連休を3連休にさせていただきました。
久しぶりにゆっくりと出来て、友人の熱海の山小屋に温泉に入りに行ったり、洗車したり、心行く迄イヌ達と戯れてみたり、映画を見たり。

ワールド・オブ・ライズを観たのですが、レオナルド・ディカプリオはよかったですよ!

プリンスとして登場した頃の彼には何の魅力も感じなかったけど、ディパーテッドを観た時に、初めて彼はものすごいいい俳優なんだなぁ〜って、しみじみ思いましたね。

共演のジミー大西、いやマッド・デイモンと並ぶと格の違いがはっきり感じちゃって、レオ様ってこんなにすごかったんだ、って感心しましたね。

やはり共演の怪優ジャック・ニコルソンに触れて彼は一皮むけたんじゃないかな?続けざまに観たブラッド・ダイヤモンドの彼の表情なんてかなりニコルソン入っていた気がするけどなぁ。

生き様がダイレクトに仕事に直結する職業ってやはり魅力的ですね。

エイジングドック、別名、細胞ドックに入った時に、本当のストレスって言うのは、なんとかっていうホルモンが枯渇する、って名称は忘れてしまいましたが、例えば格闘家など試合前には通常一桁台のその指数が数千にもなるらしいですね。

いくら過労死する程忙しくともサラリーマンはその指数は上昇せずに、〜っていう、これまた忘れてしまいましたが、ホルモン指数が上昇するんであって、これはストレスではなくてホニャララって言っていたのですが思い出せません。。

そのストレスを司るホルモン指数は、他に政治家、弁護士、医師、経営者、芸能人、アーティスト、美容師さんや各種スペシャリストと呼ばれる、常に自分を張って、代替えの効かない職業の人達が上昇しやすいらしいのです。

「社長と副社長の差は、新入社員と副社長の差よりはるかに大きい」、とよくビジネス書などに書いてありますが、これは上記のように血液データーではっきりと証明出来てしまう訳ですね。

でも正直な所、えぇ〜っ、いくらなんでもそこ迄違う?って思ってもいたのですが、近年の総理交代劇なんか観ていると、さもあらんって感じですね。

NO2張っていたときは、やるじゃん!って誰もが思い、自分でも思っていたと思うのですが、いざNO1になってみると、こんなはずじゃなかった!の連続なんでしょうね。

化学ってスゴいです。

そんなこんなを考えながら観ていたワールド・オブ・ライズ。
共演のラッセル・クロウのメタボぶりも感心しましたね。
グラディエィターで見せた肉体美から可愛いメタボへ。
時代はメタボ!

さぁ、お茶でも飲みながら、深呼吸して、お仕事がんばりまひょ!
[PR]
by school12 | 2008-12-24 12:50 | other


<< 12月31日 12月22日 >>