1月12日

現代医学以外の医学、いわゆる代替医学、あるいは代替療法、自然療法、と呼ばれるもにはその発生、地域、民族、風土、文化等の差異を除き共通項が多く見受けられます。

中医学、アーユルベーダー、チベット医学等云々。。。

その普遍的共通項が治癒力重視と生命の流転性です。(Maybe, I think so~…^^;;)

公私ともにお世話になっているノラコーポレーション代表取締役Ecoさんからガイアシンフォニー第六章をお借りして年末に観ていた時の事です。

出演者で、甚遠な精神性を備えたインド音楽奏者Ravi Shankar
d0141210_20233428.jpg


彼が65歳の時に授かった天才的インド音楽奏者 Anoushka Shankar(日本では絶滅種の理知的美人^o^)
d0141210_20241470.jpg

の事を語っていた時の言葉です。

「彼女の才能は教え始めてすぐにわかった。……………ちょうど彼女は、熟成された古酒が新しい瓶に入ったようなものだ。」

いや〜、わかります〜、その感覚。

僭越ながらワタクシ、わかるんです。 

私の場合、手技療法というか、代替療法に関してのみですが。

「あっ、これ知ってる!」

「いえ、それ、そうじゃぁなくて、こう!」

ズットこんな感じです。

西洋医学ではなくて代替療法なんです。

病気ではなくて生命力なんです。

自然、そして人間なんです。

だから天職だと思っています。


ゼロという概念を発見した民族。

聖者とコンピューター、静寂と喧噪、俗福とド貧困が入り交じる国インド。

その国で5000年前から体系化され、WHOが「代替医療の母」と認める

アーユルベーダー

「すっげぇ!」と思うのは、私が垂れる能書を一言で、
「食事はおいしくなければならない」
と切って捨てる潔さ。

今週末16日、2/13の二回にわたりAyurvedistの大平悦子さんによる
「アーユルベーダー講座」を開催します。

人種も食べ物も文化も気候もまるで違いますが、ある意味、人類の英知。

まだ席に余裕があります。

いらっしゃいませんか?
[PR]
by school12 | 2010-01-12 20:32 | I・natyuropathy


<< 1月25日 1月7日 >>